犬と旦那と双子と手作り生活
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
誰も見ていないと思うけどね
久しぶりの更新。
リフォームネタ。

昨年10月頃ひどい雨漏りに悩まされ、色々な業者さんに聞いても
改善しないなか、以前からお付き合いのあるハウスメーカーさんの紹介で
縁あって板金やさんのお世話に。
職場の内装リフォーム直後で、せっかく貼った壁紙もボロボロ。
それ以上に一部業務できない状況に陥り本当に困っていたところ
板金やさんにちょっと応急処置をしてもらったら雨漏りが止まり
何とか業務に戻ることができた。

で、屋根の補修をするよりも、築20年以上になるので
いっそのこと屋根の張り替えをしてもらおうか・・・とお願いしたのが昨年11月。
忙しい板金屋さんが工事に入りますと足場を組んだのが今年6月初め。
一週間なにもせず。
一週間後に採寸。
また一週間何もせず・・・
また年を越すのか?と思っていたところ、わりとあっさりと7月中には
屋根の工事は終了。
しかし、もう一か所別の雨漏り個所があり、そこはおそらく壁からきている
だろうという板金屋さんのお話から、
以前からその壁面にある天窓横からも雨漏りしていて
サッシ屋さんにも部品供給できないので修理もできないと言い切られていたので
壁に手を加えるのならいっそのこと天窓を撤去してまっすぐに部屋を立ち上げ、
そこにもう数年したら小学校に入学する双子の部屋を
上下に分けてロフトを作ってもらおうかという壮大な改装計画に発展・・・

スポンサーサイト
別窓 | リフォーム | top↑
「お正月休み」にやりたいこと その2
1月3日子供が寝静まってから朝方までかけてと
1月4日午後半日かけてようやく片方が完成。
P1230795b.jpg
P1230801b.jpg P1230800b.jpg

このカーテンは一昨年亡くなった祖母が
私が結婚した年に新しい市営住宅に引っ越した際に
一緒に買いに行きいくつか買いそろえたものの一つでした。
なので何だか作りながら祖母のことばかり思い出してしまった。

芯を通すのと通したあとの処理に苦戦したものの
何とか作り、つけ直し、きれいなシェードになって自己満足。

そして昨夜、旦那が子供達を寝かしつけてくれたのをいいことに
もう片方を作成。
そこで気がついた・・・
このカーテンは実は芯を着脱できるように設計されていた・・・
前半で苦労した芯を通した後の処理は本来すべきではなく
通せるように最初から作らなければならなかったのだ。
だって、今日はずして廃棄したカーテンにラベルがついていて
「手洗イ」って書いてあるの。「手洗イ」。
洗えたのコレ?
絶対18年間一度も洗ってないよこれ。
結婚して11年、この事実に気付いていなかったワタシ、主婦失格?
てか、ローマンシェード洗う人なんているの?
前半くっつけた方はもう絶対洗えないよ~
だって芯入れて布縫い付けちゃったもん。
でも元々18年洗ってなかったんだからどうせ同じ?

予算400円(マジックテープを買ったものの在庫なく長さも足りず
結局元々のカーテンから外してつけ直したので使わなかった)で
一応形的には予定通り(窓から隙間風が入るから少し長くした・・・
なども含め)にできあがったものの
ワタシ的には大変すっきりしない結果でした。

でももう作り直すのも大変で面倒でイヤ~
このまましばらく使います。
別窓 | リフォーム | top↑
「お正月休み」にやりたいこと その1
昨年からず~っと困っていたことがあります。
それは「カーテンの老朽化」

我が家は18年前に建てられ、その際内装はデザイナーさんに
お任せして壁紙やカーテンなど決めたそうです。
結婚してから11年、さすがに色々と破損が目立ち
6年ほど前にはよく開閉する小さなロールスクリーンの
布が裂けてしまったので
手持ちの布で貼り替えたことがありました。
わりと簡単な作りなのでロールスクリーンは
あまり苦労しませんでした。

子供達が活動範囲を広げた昨年初めくらいから
寝室のカーテンの破損が目立ち始めました。
それまでも日焼けで色が変わってきたのはわかっていましたが
穴は開いたり裂けたりはしていなかったんです。
しかし、子供は言い聞かせても引っ張りたくなるし
穴があいていると指を入れたくなるし
裂けているとその部分を広げたくなる生き物なのだ。
そうそう、私も間違いなくそんな生き物だった。。。
P1230797b.jpg P1230796b.jpg

昔は濃いグリーン系だったペイズリー柄のオシャレな?
ローマンシェードは、今やビリビリ破かれたところを
とりあえず糸でくくられた無残な姿。
数ヶ月前から何度か旦那に「カーテンを取り換えたいな~」と訴えても
あまり(というか全然)興味がない様子なのでどうしようかと・・・

一か月前にとりあえず採寸をしてどんな作りなのか見てみた。
幅147高さ150で、上はマジックテープで付けてあり
横に15cm幅で9本の芯が入っている。
その芯の部分を1つおきに糸を通したフックがついていて
縦5本の糸で巻き上げる仕組み(と言葉で説明してもわかるわけないけど)
想像していたよりもわりとシンプルな構造。

オーダーで買ったら1枚3~4万くらいだろうか。
それが2枚。うーん、イタイなぁ。

フックや糸がはずせるようなので、
破けた布の部分だけを新しく作って
縦横幅の一枚布の裏に2cm幅の細い筒(芯を通す)をくっつければいけそうだ。


と思い、母に自宅に眠っているカーテン地をもってきてくれと頼んだのだが
あるはずの未使用の反物が行方不明だからと
古い既成のカーテンを2種類持ってきてくれた。
合わせてみると薄手の方がほんの2cmほど幅が足りない・・・
厚手のもう一種類は幅が広すぎるので無駄が出そうなのと厚すぎてうまく
シェードにならない感じが・・・
と思い、寸足らずの方のはしっこを一度ほどいて縫代を細くして拡張することに。

その2に続く
別窓 | リフォーム | top↑
またまた白く塗りました。
黒いアイアン+曇りガラスのステキな棚。しかし黒い色がやはり気に入らない。
ということで、また白く塗りました。

冷蔵庫の横に置いて、炊飯器なんかを置くとちょうどいいサイズ。
うふ。
別窓 | リフォーム | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
また白く塗りました
また白く塗りました。
へへ。何でも白く塗る女、再び。

塗ったのは8年前購入し、ここ数年は犬達の小物の物置になっていた
バタフライテーブル。両方の羽が開きます。
ものすごく気に入っていたのですが、
これをあの白い部屋に持っていくにはやはり塗るべきかと。
06-04-02_09-161.jpg
ちょっと見づらいけど、右手手前のものです。
あの白いいすとセットで使うとバッチリ。すばらしい食卓テーブル。

念願のベッドを買いに行きました。
下見で目を付けていた○トリの白いベッドを買おうと思ったら
在庫切れで4/17以降の配送・・・断念しもう少し安いチープなベッドにし
実家で使用していたマットレスを乗っけることにしました。
ベッドもパイン材なので白く塗っちゃえばいいかと思ったのですが・・・
親にまた「バカじゃないのあんた!」と言われたのでとりあえず今回は
やめました~
布団かぶせたらほとんど見えないし。まぁいいか。
ベッド置いたらすごい部屋らしくなりました。
別窓 | リフォーム | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| インセクトもきの | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。