犬と旦那と双子と手作り生活
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
うまい棒制覇!
あらら、8点も入れたら安泰と思っていたら
いつの間にか8対6ですか。

ああ、だるい。発端は土曜からの大雪。
吹きつけるみぞれまじりの重い雪。我が家の
天窓からベッドに落ちる雨漏りの音で日曜は目覚める。
日曜に朝から3回雪かきし、あまりの雪に除雪機が
ついに不調を訴えエンジンが止まってしまう事態に。
夜神様到来(我が家で神様と呼ばれる親しいオジサン)
排雪してもらって一安心・・・
と思いきや月曜朝起きたらリセットされている!!

病気になるくらい抗生剤やら風邪薬やら飲んでも
全然改善しなかった風邪を引きずっているなか
今日ようやく大きな仕事を1つ終えたので
呑むぞ!といっても喉の調子が悪く無理。
しかたない、今日は食べるぞ!!

と、おやつの部屋をのぞくと
あ!先日つい買ってしまった「うまい棒」20本セット。

コーンポタージュ味
たこ焼味
とんかつソース味
やさいサラダ味
めんたいこ味

ああ、ジャンキーすぎてなんか幸せな気分になってきた。うふ。
やさいサラダ味、美味しい~
スポンサーサイト
別窓 | | top↑
べこ餅の粉
5月初めに隣のスーパーで見かけてつい10年ぶりくらいに
「坂口製粉のべこ餅の粉」を買ってしまった。

我が実家では、というかワタシには五月の節句に
「柏餅」を食べる習慣はない。ワタシはあんこが食べられないから。
あの小豆というものの何が美味しいのかさっぱりわからない。

あの母が作るとは今となっては信じがたいのだが。
子供のころはたぶん母が作っていたのだろう。
他の和菓子が食べられないせいか、
ワタシはこのべこ餅というものがとても好きで、
10代後半位からは時期になると出回るこの粉を買って
面倒このうえない工程を経て自分で作っていた。

まず箱に書いてある作り方の説明がわかりにくい。
その1とその2がある。
一体どちらだとうまくできるのかもよくわからないのだが
ワタシはその1で作る。

①分量の砂糖と水を鍋に入れて火にかける
②粉に①の蜜を入れて、あついうちは箸やへらでかきまぜ
 触れるようになったら手でみみたぶ程度の固さにこねる
③打ち粉をして葉っぱの型で成型
④蒸し器で20分程度蒸す

書くとこれだけの内容なのだが、絶対に白黒にしたいので
半分の分量で白砂糖と黒砂糖で作るのがまず面倒。
絶対に葉っぱの型でうまく抜けないしすぐに型がガビガビになる。
②の途中で絶対に「なんでワタシこんなこと始めちゃったんだろう」と
毎回後悔するのに、数年後にはまた粉を買ってしまう。
でも今回は数年前にテレビショッピングを見ていてつい衝動買いした
小型の蒸し器がついたホットプレートがあったので
④の工程はかなり楽だった。

というわけで、面倒ながらも環境が整っていたおかげで
過去最高にスムーズに出来上がったべこ餅20個。
写真をとるのも忘れてしまったけど
子供達には大変に好評だったので、来年もつい作ってしまうのだろう・・・
別窓 | | top↑
ホームベーカリー
ホームベーカリーを買って5年ほど、
3か月おきくらいにパン焼きブームが来ては去る。
今回はキャラパン以降「生地づくりまで」にハマっている。

ワタシは今期にして初めて取扱説明書を熟読し、
昨日はついに新しい境地「ピザ生地」にチャレンジ。
購入して初めての試みだ。

知人のパン屋さんに以前ピザ生地を作ってもらい購入したことが
何度かあったのだが、こんな簡単にできるならば早く作ってみれば
よかったかも。
ちょっと難点は、ワタシは薄目の生地が好きなのだが
ふわふわに膨らんでしまうこと。
ピザハットの厚めの生地のように。
でもわりと美味しいし、これは意外にも子供達に超人気だった。
サラミやチーズを載せるのを手伝わせて一緒にやったからかも。

そして昨夜から今日にかけては「ベーグル」という世界へ。

これは指定された材料でパン生地を作るまでは普通のパンと同じなのだが、
「30~40分発酵させてから、片面30秒ずつ沸騰したお湯で茹でる」
というめんどくさい工程が追加される。
美味しくなかったら二度と作らん、と思っていたのだが
あらら予想に反し、わりと美味しいじゃないの。
朝食べすぎた旦那が胸やけするくらい(笑)
ドライフルーツを混ぜてもいけそう。
子供達にも好評。歯ごたえがあるので普通のパンよりもよさそうだし
キャラパンよりもずっと美味しい。
ようやく「アンパンマンの青いパン」を少しお休みできるかも~?
これは今回はしばらくブームが続きそうだ。

ただ、いずれにせよ我が家のレンジでは何を焼くとしても、
指定の時間の倍かけないと焼き色がつかないことが判明。
別窓 | | top↑
ドンキホーテの思うツボ
「ドンキホーテ」というお店
ひたすらごちゃごちゃと色々なものがあって
あまり好きではなかったのだが、最近わりとよく行く。
なぜか?

理由の1つは、ここには市内2か所の店舗にしかない
「横に2人乗り買い物カート」がある貴重な店なのだ。
これさえあれば
つかれた~抱っこして~こっちにいく~などとバラバラに
暴走する双子を同時に連れていても
強制的に乗せることでとりあえず買い物ができる。
普通のスーパーの買い物カートと同じくらいの高さがあるため
車の形の乗り物系のように勝手に降りることが
なかなかできないという大変優秀な乗り物なのだ。
長崎屋とマックスバリューにしかこのカートは無い。
なんでどこにもないんだろう?双子じゃなくても年子の兄弟とかでも
すーごく便利なのに。マイカートが欲しい位。

もう1つの理由。
こちらで子連れで食品を買い物する際に
「子供パスポート ちびっこおやつカード」というものを
提示するとスタンプがもらえるのだ。
カードは2人いれば2枚、子供1人につき1枚いただける。

市内の長崎屋は3階建ての1フロアがドンキホーテ。
2フロアはテナントや長崎屋の売り場なのだが
この1店舗の1F食料品売り場と3Fドンキホーテで
別々にスタンプがもらえ、
スタンプ2個毎に1個お菓子がもらえるのだ。
つまり行く度に何かをいただいてこれるという
「チョットお得感」に非常に弱いワタシの
やる気スイッチを簡単に押してしまうシステムなのだ。

お菓子はたいていアメやチョコ、うまい棒や
よくある大袋入りのきのこの山なんかの小袋なので
1個せいぜい10円やそこらなのに、つい行っていまう。
おかげで我が家には絶えずお菓子が存在するのだ。
よく考えれば、せいぜい10円やそこらのものをもらいに行って
もちろん必ず500円位の買い物はしちゃうのだ。
全然得じゃないのに。バカだよなぁ。

まぁでもドンキホーテはなぜかお菓子が安くて
「市内最安値!」とかいう紙がいっぱい貼ってあるのも
だまされちゃう理由の1つだろう。

お菓子といえば今ハマっているもの。
かっちぇす カラメル
どちらもドンキホーテで買って、ハマってしまった。
別窓 | | top↑
我が人生最高のイチゴタルト
私はいちごタルトが大好きです。
P1210344.jpg
でもどんなタルトでも好きなわけではなく
こだわりポイントがいくつかあります。

タルト生地はクッキー系(パイ系は×)で厚みがありずっしりと重く
あまりしっとりしていないこと。
クリームはカスタードのみで、チーズ系の味が絶対にしないこと
(クリームチーズが大嫌い)

これはこれまで数々のいちごタルトを食べてきた私が
我が人生におけるいちごタルトランキング第一位と絶賛する
野幌の「ガトー・ド・ノポロ」のいちごタルト。
ちなみに第二位はサミット会場になったウインザーホテルの中に
入っていたお店のタルトでしたが、現在は販売していません。

現在はイチゴがなかなか手に入らない時期で入手困難なコレ、
イチゴ入手が未定のため作れるかどうかわからないので、
前日にお店に電話で確認したうえで予約しないとならない状況。
数週間前からお店に頼み込んで、今日ようやく数年ぶりに
コレと再会しました!!

お店まで取りに行くのがすごーい遠いけど
でもやっぱりこれは美味しい~!
文句なし~!

夜10時過ぎから夫婦2人で食べ、すでにホール半分を食べ終わっている。
ホントはまだ食べたい・・・でも明日もこの幸せを味わうために我慢我慢。
実は10年前位にはホールのまま知人と2人で夜中にフォークで食べちゃった
こともあるんですワタシ・・・
別窓 | | top↑
| インセクトもきの | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。