犬と旦那と双子と手作り生活
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
べこ餅の粉
5月初めに隣のスーパーで見かけてつい10年ぶりくらいに
「坂口製粉のべこ餅の粉」を買ってしまった。

我が実家では、というかワタシには五月の節句に
「柏餅」を食べる習慣はない。ワタシはあんこが食べられないから。
あの小豆というものの何が美味しいのかさっぱりわからない。

あの母が作るとは今となっては信じがたいのだが。
子供のころはたぶん母が作っていたのだろう。
他の和菓子が食べられないせいか、
ワタシはこのべこ餅というものがとても好きで、
10代後半位からは時期になると出回るこの粉を買って
面倒このうえない工程を経て自分で作っていた。

まず箱に書いてある作り方の説明がわかりにくい。
その1とその2がある。
一体どちらだとうまくできるのかもよくわからないのだが
ワタシはその1で作る。

①分量の砂糖と水を鍋に入れて火にかける
②粉に①の蜜を入れて、あついうちは箸やへらでかきまぜ
 触れるようになったら手でみみたぶ程度の固さにこねる
③打ち粉をして葉っぱの型で成型
④蒸し器で20分程度蒸す

書くとこれだけの内容なのだが、絶対に白黒にしたいので
半分の分量で白砂糖と黒砂糖で作るのがまず面倒。
絶対に葉っぱの型でうまく抜けないしすぐに型がガビガビになる。
②の途中で絶対に「なんでワタシこんなこと始めちゃったんだろう」と
毎回後悔するのに、数年後にはまた粉を買ってしまう。
でも今回は数年前にテレビショッピングを見ていてつい衝動買いした
小型の蒸し器がついたホットプレートがあったので
④の工程はかなり楽だった。

というわけで、面倒ながらも環境が整っていたおかげで
過去最高にスムーズに出来上がったべこ餅20個。
写真をとるのも忘れてしまったけど
子供達には大変に好評だったので、来年もつい作ってしまうのだろう・・・
別窓 | | top↑
| インセクトもきの |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。